キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 もしも修理が必要になったら : 結婚指輪の関係性

結婚指輪の関係性

もしも修理が必要になったら

サイトマップ

結婚指輪の関係性main画像

結婚指輪が変形した場合は、修理をしてもらいましょう。自分で何とかしようと思わずに、プロにお任せした方がきれいに直してくれます。

もしも修理が必要になったら

結婚指輪はいつも身につけているものですから、何らかのトラブルで変形したり細かいダイヤが落ちてしまったりしてしまいます。

そんな時は、結婚指輪を買ったお店にその旨を伝え、直してもらいましょう。

買ったお店なら、保証期間などもあるでしょうし、もし保証期間が切れてしまっても有償で修理してもらえます。

結婚指輪の修理で多いのは、やはり変形です。

指輪をしている手に大きな力が加わると、指輪が変形することがあります。

例えば、硬い取っ手がついた鞄を指輪をしている手で持ち上げた時に指輪が変形してしまった、自転車に乗っていて、急ブレーキをかけたら結婚指輪が変形した、というケースがあります。

結婚指輪はたいていプラチナが選ばれているようですが、中には金が良いという人がいて金の指輪を作ることがあります。

金はプラチナよりもやわらかいので、変形しやすいです。

変形してしまったら、自分で何とかしようとする人がいますが、かえって他の場所に傷がつき、どうしようもなくなるのでこういったものはプロにお任せした方が良いです。

修理だけでなくサイズ変更も行っていますので、もし指輪を身につけていてキツくなったりごそごそになって抜けてしまう場合は直してもらいましょう。

また、最近ではインターネットで宝石のリフォームや修理を専門的にしている会社を探すことができますから、近くに指輪を修理してくれるところがなければこのようなところにお願いすると良いでしょう。

こちらも参考にドウゾ⇒http://www.gem.or.jp/ngl/mame/qa/q15.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム